本文へスキップ

料理・食育・栄養の資格・通信講座

暮らしに役立つ情報満載の漢方養生指導士養成講座(初級)

ママ友と話をしていると、子供がアトピー性皮膚炎だとか、風邪をひきやすいとか、何かしら病院にお世話になる事が多いって悩んでるんですよね。

病院でお薬を処方してもらうのも良いですが、どうせなら体質を改善して、病気にならない体を作る方が大切!

最近、私の周りで話題になっているのが、漢方養生指導士養成講座(初級)です。

この講座は通信で学べるから、忙しいママや働いている方も気軽に学べてとてもお勧めです。

漢方で食生活を変えてみよう

漢方というと何だか難しそうなイメージがあると思いますが、実は結構私たちの日常生活で馴染みがあるものが多いんです。

ほら、よく「お婆ちゃんの知恵袋」みたいな言葉聞くじゃないですか。

あれと一緒で、漢方を通じて、季節に合わせて何を食べたら良いかとか、体の不調にはどの食材を食べたら良いかとかを学ぶ事ができるんです。

「薬食同源」って言葉があるように、私たちの体は食べ物に左右される事が多いでしょ。

だから、食を通じて体調を整える勉強ができるのが、この漢方養生指導士養成講座(初級)です。

漢方養生指導士養成講座のポイント

漢方養生指導士養成講座(初級)は漢方薬局の「薬日本堂」が主催している講座だから内容の充実度はピカイチなんです。

特に初級講座のテキストはすごく簡単に説明してあるので、漢方や薬剤師の知識が無くても自然に漢方の知識が身につきます。

学んだ知識を食生活に取り入れる事ができるから、すごく役立つ講座になっています。

実はこの講座を受講している人の8割が医療関係者らしいので、どれだけ内容のクオリティが高いかがわかると思います。

生活全般から見直せる

漢方養生指導士養成講座(初級)は半年の講座で、その間3回添削課題を提出する必要があります。

漢方用語は見慣れないから最初は戸惑うかもしれないですが、食に関する事だけでなく、ツボ健康法や心の持ち方、運動や休養の取り方など暮らしに役立つ事が満載なので、とても興味深く勉強できますよね。

子育てが一段落して、何か勉強してみたいなと思ったら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。